TOP 丸文財団について 表彰・助成事業のご紹介 応募要領 過去の受賞・受領者 お問い合わせ
応募要領

研究業績表彰 (丸文学術賞/丸文研究奨励賞)

研究業績表彰(丸文学術賞および丸文研究奨励賞)は、科学技術の進歩ならびに次世代の産業創出に資する創造的産業技術の向上に対して最も貢献が期待される顕著な研究業績、将来的に貢献が期待される研究業績、または成果を挙げつつある研究を表彰するものです。
この賞は、日本国内の大学または公的研究機関に属し、選考対象技術分野に従事する年齢満40歳以下の国内若手研究者を対象としています(国籍不問)。応募には、所属長等の推薦が必要です。独創的な研究に意欲的に取り組み、将来的に研究交流にも寄与することが期待される国内外の研究者の推薦を歓迎します。
受賞者は、選考委員会で厳正かつ公正に選考され、理事会で決定されます。

表彰内容

表彰総額  :  900万円以内
表彰件数  :  丸文学術賞 ………… 賞状、賞金(300万円)および記念品 : 1件
丸文研究奨励賞 …… 賞状、賞金(200万円/件)および記念品 : 3件

第20回(平成28年度)選考対象技術分野

  1. 集積デバイス技術及びLSIシステム
  2. 光エレクトロニクス
  3. 先端デバイス・材料
  4. エネルギー・環境エレクトロニクス
  5. バイオ・医用エレクトロニクス

応募要領

応募方法  :  一般公募。ただし、所属長等の推薦が必要です。
応募資格  :  ・大学または公的研究機関に属すること
・大学院生または若手研究者であること(国籍不問)
・応募時に所属長等の推薦が得られること
応募書類  :  所属長等による推薦書類
応募期間  :  平成28年度の募集は終了しました
結果発表  :  2017年1月末まで (贈呈式:2017年3月)

候補者推薦要領

表彰候補者資格

対象技術分野に従事する研究者(国籍は問わない)で、以下の条件を満たす方

[1] 2017年3月31日現在で、原則として40歳以下であること
(ただし、特別な理由がある場合は45歳以下でも可)
[2] 原則として、以下のいずれかに該当する研究成果を挙げていること
  1) 学術上の優れた発見をなし、科学・産業技術分野に貢献することが期待される研究
2) 技術上の顕著な発明をなし、科学・産業技術分野に寄与することが期待される研究
3) 技術上の重要な問題解決をなし、科学・産業技術の進歩に貢献することが期待される研究

推薦手続

[1] 推薦者:
  原則として、以下のような候補者の属する機関の長、またはこれに準ずる方
1) 大学においては、学科長、学部長または研究所長等(直接の指導教官でも可)
2) 公的研究機関等においては、研究機関の長または研究部長等
[2] 推薦件数:
  推薦者1名につき、推薦数は1件
(ただし、前年度の候補者(備考2)がある場合は、計2件を限度とします。)
[3] 推薦方法:
  「研究業績表彰候補者推薦書」を出力・捺印し、CD-ROM、DVDなどのメディアと共に事務局あてに提出
(ハードコピーと電子ファイルの両方で提出。ただし、推薦書および論文、文献等のデータはMicrosoft WordもしくはPDFに限ります。なお、Eメールでの受け付けは行っておりません。)
推薦書ダウンロード
  ※平成28年度の募集は終了しました。

推薦依頼期間

※平成28年度の募集は終了しました。

選考方法

本年度(備考1)および前年度の候補者(備考2)を対象とし、選考委員会で選考し理事会で決定します。

選 考 委 員 長 : 榊 裕之 (豊田工業大学学長)
副 委 員 長 : 堀越 佳治 (早稲田大学名誉教授)
選 考 委 員 : 浅田 邦博 (東京大学教授)
選 考 委 員 : 荒川 泰彦 (東京大学生産技術研究所教授)
選 考 委 員 : 小野 輝男 (京都大学化学研究所教授)
選 考 委 員 : 小山 二三夫 (東京工業大学未来産業技術研究所所長)
選 考 委 員 : 平本 俊郎 (東京大学生産技術研究所教授)
選 考 委 員 : 森 勇介 (大阪大学大学院工学研究科教授)

備 考:

  1. 本年度の候補者について
本年度受賞者に選考されなかった場合、次の年度に限り再度選考対象候補者とします。
  2. 前年度の推薦候補者(受賞者を除く)について
追加すべき顕著な業績、その他変更および異動等があれば、選考の資料としますので、その旨を前年度の推薦書(写)に加筆修正し、当財団あてに送付してください。
研究内容やその他大きな変更のある場合は、今年度の新規候補者として推薦しても結構です。ただし、同一候補者が2年続けて新規推薦を受けた場合は、原則として次の年度は選考対象としません。

結果の通知および贈呈式

[1] 結果通知  :  2017年1月末まで(推薦者あて
[2] 贈呈式  :  2017年3月 (賞状、賞金および記念品の贈呈)

研究報告

受賞者には、贈呈式で研究業績の発表をしていただきます。

推薦書等の送付先および連絡先

東京都中央区日本橋大伝馬町8番1号 丸文ダイヤビル8階 (〒103-0011)
一般財団法人丸文財団
専務理事・事務局長 丸川 章
電話:03-3661-1881 FAX:03-3808-2959

ウェブサイト利用規約     丸文株式会社